買って応援、フェアトレードに参加する。



お買上げ頂いた商品の売上げは、生産者の暮らしの改善に直結します。

例えば、1,400円の刺しゅうポーチを1つ売ると、
それを作った生産者はバングラデシュで
お米約5kg(1世帯約5日分の消費量)を買える収入を得ることができます。

それぞれ厳しい状況の中、手工芸品活動を通じて、
家族に貴重な安定した現金収入をもたらし、
日々の食費や子どもの教育費などをまかないます。


シャプラニールとは、1972年に設立された、
特定の宗教、政治、企業、団体には属さない、日本の国際協力NGO(Non-Governmental-Organization)です。

私たちは、南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、
とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を、
現地と日本国内で行い、
「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して、
活動しています。

シャプラニールとは、私たちの活動の原点である
バングラデシュの言葉・ベンガル語で、「睡蓮の家」という意味です。
シャプラ(睡蓮)は、バングラデシュの国花にもなっています。